10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

リラヨガ 解剖学マスター 応用編 などなど~ 

今日、金曜日、三か月に渡って続いたリラヨガ解剖学マスターが終わります。

寂しいですが、三か月サイクルのこの講義、

長いようで、始まってしまうと、あっという間に終わりを迎えてしまいます。

既に何クールかしていますが、そして、テーマこそ同じですが、

毎回、毎回、僕なりにアプローチを変えながら取り組んでいます。

今期の皆さんは、とにかく関節の運動を良く理解してくれているような感じがします。

今回の、和気あいあいとした空気は、皆の穏やかさの表れだと思っています。

とても、やりやすい空気をいつも作ってくれた皆に感謝しています。

そして、毎回、骨模型やマットを片づけてくれたりとしてくれてる素敵なヨギーニ。

言葉に出来ない位嬉しいです。ありがとう。


ちゃんと、そして、きっちりと、そんな優しさは届いているからね~


中々、照れくさくて言えない事が多いけれど、有難うごさいます。

いつも、きっちり僕の中に響いています。

耳に優しい言葉は、世の中に溢れているけれど、

胸にぐさりと届く優しさは中々味わえないから、

本当に嬉しいのです。



……少しずつですが、

ヨガというジャンルのほんのほんの、一部であった解剖学が、

一つのジャンルとしての“ヨガ解剖学”という位置を確立していっているのかなぁ~と。

僕の勝手な思い込みかもしれませんが、最近感じています。

それは、本当に、嬉しい事でもあり、

そこから、代替医療としてのヨガ、代替医療としの鍼灸。

それらがクロスしていけば、何年か先は、そこに関わる皆さんに、

本当の意味で心と身体の健康が待っているのかと思います。


そんなヨガ解剖学に対して、いち早く理解を示してくれた、真先生。

改めて感謝・感謝という感じです。

勿論、リラヨガ以外にも、このジャンルを応援してくれいてる皆がいるからこそ

ようやくここまでたどり着きました。

六月からも、また、最初の骨編に戻り、応用編まで続いていきます。

そして、六月は、更に、ホームページで更新していますが、

短期集中講義という形で、通常の解剖学マスターにアレンジをかけた構成でおこないます。

今回は、1日・1日ごとに完結という形で、

六時間の中で、一気に、肩の骨・筋肉・応用という流れに持っていきます。

どうしても、不慣れな言葉になれる前に、次の言葉が飛び込んできてしまうのが現実ですよね~

その難題を解消するために、6月13日の日曜日に、簡単な基礎を行います。

関節について脳にインプットしてから、一気に進めていきましょう。

ターゲットアーサナ以外にも、複数アーサナを扱う予定ですので、お時間許すようならば是非ご参加して下さい~



内田かつのり












スポンサーサイト

カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 0

リラヨガ アドバンス最終日に向けて~ 

23日は、リラヨガ アドバンスコースの解剖学最終日ですね。

四週間もの間、馴染みのない言葉に付き合ってくれて有難うございます。

今回のメンバーは、それぞれが、自覚を持って解剖学と向き合ってくれていたような気がします。

最終日は、テストになりますが、

そんな大それたものでなくて、いつもお話させて頂いている能動性を求めています。

聞かれたら、その一部だけを答えられるでは、イントラさんとしては…????ですよね。

大切な事は、自分の力で、言葉で、一からは話せる事です。

そこに信頼関係が生まれ、コミュニケーションが何かを作り出します。

是非、この後も、自分の苦手な筋肉でもよいし、得意な筋肉でも良いのです。

その一つをまず、ご自分のものにして、誰にも負けない位に深めてみて下さい。

必ず、アーサナにも反映してきますし、身体の神秘はヨガの神秘にクロスするかと思います。

そして、この後、また、どこかでお会い出来たら嬉しいです。

カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 0

リラヨガ 解剖学マスター 応用編~ 

少し間があいてしまいましたが、今日から応用編が始まりました。

出たとこ勝負って訳ではありませんが、

ダウンドッグのどこに・何にフォーカスしようかと思いつつも…

何も決まらないまま、クラス開始になってしまいました。

いつもある程度のゴールは決めているのですが、

完全に決めてしまうと、単なる予定調和のクラスになってしまうので、

やはりその場に参加してくれた方の、気の流れに沿って進行するのが一番かと思っています。

結果、今日は、肩と肩甲骨の連動になりました。

教科書が示している内容だけでは、

アーサナに反映しきれない動きがあるという事を

皆さん理解して頂けたかと思います。

…が、僕の勝手な思い込みで、全く届いてないのかな~

などと突然不安になる事があるので、是非とも、遠慮なさらないで、ご意見・ご感想お願いしますね~

来週は、ハヌマーンですね。そして、晴れるとよいですよね~

今日はどうも有難うございました。

カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 0

やっと終わった~ 

更新しないといけない…と思いながら、

写真のアップロードが出来ずに断念したり~

また、5月22日のハンドアウト制作にバタバタになっていました。

おかげさまで、ようやく、僕の仕事は一段落したようです。

書きたい事も沢山ありましたが、中なか更新出来ないもどかしさばかりが、

ずっと続いていました。



●22日に申込頂いた皆様、本当に嬉しいですし、有り難いことだと感じています。

キャンセル待ちも出ているようで、横浜が一段落したら、再び開催を考えてもよいのかな~

と、贅沢な悩みを持たせて頂きました。

今、ハンドアウトの原稿を読んでいても、今の僕の知識を全て出しているかと思います。

本当は、もっともっとページが欲しかったのですが、

ものには限度がありますよね~

当日、楽しみにしていますので、忘れられない時間と、今しかないという瞬間を

共有していきましょうね~


●先月の自分のwsというか、勉強会の報告がてらに、

参加して下さった方の元気な写真を載せたいと思いながらも、全く手つかずになっていました。

この数日中に必ずアップしますので、ブログ見てくださいね~

骨盤のツボや、腰痛など、幾つか楽しくやらせて頂きました。

その後のお茶会も、僕には大切な時間になっています。

有難うございます。

プチ追加~

ゆきサン
変形している骨は、残念ながら戻らないでしょう。

痛みに関しては、季節的なもので悪化したり、逆に楽になったり、

また、筋力トレーニングなどで(もちろん、ヨガも守備かと思います)

カバー出来たりするかと思います。

マクロファージに関しては、最近の研究での結果ですので、僕も全容はわかりません。

ただ、ヘルニア部と、骨は組織が違いますから、どうなのでしょうか?

人の恒常性というものは、無限の可能性が潜んでいるはずですが、

難しい部分もあるかと思います。


●京都tamisaに参加して下さった皆様、何人か方からは、ほっとするような、メールを頂いています。

本当に有難うございます。

自分の手で、感想や思いを綴りたいと思っていますので、写真とともにアップします~

夏にまた、お会い出来たら嬉しいです。


アップロードの練習してみました~

大殿筋

ハイランジをきちんとプラクティスしたら、美しいヒップアップがまっています~


カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 1

リラヨガ 解剖学マスター 股関節・骨盤 

今日は、四月とは思えない寒さで、夜中には雪が降っていたようでね~

そんな寒い中、骨盤・股関節の筋肉を勉強しにきて下さった皆様。

本当に有難うございました。

ようやく、一人一人のお名前が一致してきたと思っていたら、

来週は最終回ですね。

いつもの事ですが、物悲しい気分になってしまいます。

今回集まってくました皆さんは、身体への意識が非常に高い方ばかりで、

かなり鋭い質問があったりしますね~

そんな風にスイング出来たら、僕も益々、テンション上がります。

来週は、足首と膝に関する筋肉です。

ハムストは膝にも関係しますから、せび復習してくれたらと思います。

どこから、どこについて、縮むとどうなりますか?

そして、遠心性収縮は、必ず、膝にも絡んできます。

重力に対抗するために、伸ばされながらも収縮をする動き。

これも、確認してくださいね。

では、また来週

五月からは、応用編がはじまります。

今までの骨や筋肉の基本知識を活かして、アーサナを分析していきましょう~

時間が合うようでしたら、是非、ご参加下さい。

カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。