10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

12日お申し込み頂いたonさん 

土曜日のダウンドッグ アライメントにお申し込み頂いたonさん、事務局の名取さんへお手数ですが、再度ご連絡して頂けますか?

頂いたアドレスに返信させて頂いたようですが、エラーになってしまうようなので、可能でしたら、違うアドレスからお願い致します。

内田かつのり
スポンサーサイト

カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 0

12日 土曜日 6時~ 

ダウンドッグのアライメントやアジャストについての勉強会をします。

解剖学をかじった事がある方は、感じるかと思うのですが、

ダウンドッグでの解剖学的なポイントは、何時間かけても終わりがないくらいにポイントがあります。

今回の勉強会では、肩関節の外転三相という動きをベースに、肩甲骨や脊柱との関連、

また、腰椎の伸展の中庸について、ひらめとひふくの動かし方、ハムストリングの分析などを

テーマにしながら、いつものように、質疑応答形式で行う予定です。

興味のある方はご連絡してくださいね。

あと1~2名可能なようです。

カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 0

ヴィラバドラⅡのアライメント講座やります 

急な告知なのですが、20㈭ 19-20時にて、渋谷区民会館でヴィラバドラⅡのアライメント講座やります。

急…といっても、かなり前から決まっていましたが、

日々の暮らしに追われてしまい、後手後手の告知になってしまいました。

遅いよと…という声ももっともですが、

良かったら、ご連絡してくださいね~

このアーサナは、股関節、骨盤の回旋こそが、命ですよね~

無理にアライメント整えようとすると、上半身と下半身がバラバラになり、

あれれ~という完成形になってしまいます。

ほかにも、色色とポイントあるかと思いますので、

皆で、疑問、質問出し合いながら行うシェア&アンサー形式で行います。





カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 0

4月29日木曜日 腰痛 勉強会 後記 

4月29日木曜日 腰痛の勉強会の後記です。

P1010776.jpg


ヨガと腰痛は切り離せない位置関係になっていますね。

残念ながら、イントラの方でも腰痛持ちの方は沢山いらっしゃいますし、

嬉しい事にヨガで良くなったという方もいらっしゃいます。

しかし、良く聞かれる質問に、

えっ~っとさえ思う事が多々あります。

残念ながら、ヨガというジャンルには、まだまだ西洋・東洋医学が入り込む隙間はないようで、

イントラの方、生徒さん含めて、正しい知識を持つ場がないのが現状に思えます。

新規詰め込み画像腰1


勿論、私は、ヨガというジャンルだけで治すんだとか、アーユルベーダのみで治すのだという

ジャンルを背負うような生き方もあるでしょうし、一切の否定はしません。

ただ、僕のスタンスとしては、治るならば何でも良いじゃないの~

っていう考えなのです。

その為には、やはり、解剖も、臨床医学も、東洋医学も知っておいて損はない。

という事です。


新規詰め込み画像腰2


今回は、整形外科的な分類をしてから、それぞれの腰痛の特徴をシェアさせて頂きました。

本当は、そこから、僕の流派のトリガーポイント療法の話まで、いつかいけると良いのですが、

まずは、スタンダードな基本から、そして、東洋医学的には、腰痛をどのように捉えるのか?

…これは、資料を作っていて、ちょっと難しい話になりすぎて、途中で方向転換し、資料再作成になりました。

そのために、表面的な分類のみに終わってしまい、あまり楽しくなかったですね~(反省しています)

実は、ヨガ解剖学を初めてから、ずっとこのような医療との密着を一番にやりたかったのですが、

中々、そんな機会がなく、少しずつ熟成した場になってきた、この解剖学の場を発展させてみました。

今後も、肩コリ・頭痛等の疾患らに絡めたり、健康増進等もテーマにして、

イントラさん以外でも参加可能な場にして行きたいと思っています。


カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 0

4月17日 土曜日 骨盤の骨とツボ 後記 

4月17日土曜日は、骨盤周りの骨に触れ、ツボを知るというような感じで、勉強会を行いました。

勉強会と書くと、誤解を生じてしまうようすが、決して小難し事を机に向かって行っているのではなく、

和気あいあいとやっているのです(主観ですが、そのつもりです…)

ヨガ解剖学を深めるには、まずは、身体の土体を成す骨を知る事です。

P1010620.jpg

次に、骨に触れる事、触れられる事を目指して行きます。

P1010624.jpg



何故なら、筋肉や、靭帯などは、かなりの名前が骨に由来しているからです。

遠回りに見える骨を、地道に学ぶ事は、太陽礼拝をクラスの最初に必ず行う事と同じです。

骨の形は基本的には、同じ構造ですが、触察には教科書的に書いてないコツがあったり、

個人差などによる違いは、実践でしか養われません。

いつも云うのてすが、習うより慣れろという言葉こそ全てです。


この日は、いつも熱心に参加してくれている方の集まりになりました。
皆さん、有難うございます。
P1010621.jpg
P1010626.jpg

腰椎の特性から、肋骨との位置関係、肋骨の触れかたなどに始まり、

互いに触察しながら、個の違いを感じてもらいました。

これを知っていると何の得があるのだろうか?

改めて問われると、直接的に人生にプラスにはならないかもしれませんね~

としか云えないのですが、

知っていて身体を動かすのと、知らないで身体を動かすのでは、やはり大きな違いがあるのではないでしょうか~


そして、勉強会終了後は、皆で近くにカフェランチ。

P1010630.jpg


初めての場所でしたが、渋谷にしては、割とゆったりした場所でした。

何よりも、実はスタジオの外で、お話するのは初めて事なので、

ヨガ話以外にも、色んな話が出来てよかったです。

一人の女性はバックパッカーという名の旅を何度も経験されているようです。

ブログをみると一体何カ国に旅しているの?

というビックリな経歴でして、きっと、僕らが味わう事が出来ない、高みに何度も到達しているのでしょう~

今度はそんな話をメインにランチしたいですね。

そして、もう一人の女性は、聞き上手の繊細なヨギーニです。

忘れてしまいましたが、ある時ふとリラヨガの解剖学マスターに来て、

いつの間にか、こっちの勉強会にも参加してくれて、

何処を目指しているのだろう~って位の熱心さを持って学んでくれています。

楽しみを見つける事が上手いのだと思います~


当日は、忙しくて参加出来なかったHさんも、いつもそのストイックさが素敵です。

確か、初めてお会いしたのが、夏だったかと思いますが、

一本足のウッターナアーサナを、軸足ブルブルしながら、一切根をあげずに、頑張ってくれた姿はいまでも記憶に残っています。

でも、いい加減、胸鎖関節は覚えて下さいね~



皆さん、本当にいつも有難う~

勉強会の前日など、資料がまだ出来ていない時は、

逃げ出したくもなるのですが、終わって少しでも笑顔が見れたら、

やっぱりやれて良かったなぁ~としみじみ感じてしまいます。

P1010627.jpg





カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。