10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

内田かつのり-身体で感じる解剖学ヨガWS-2010/01/23(土)  

※ワークショップ終了まで一番上に表示させています。

今回、ヨガスタジオTAMISAさんのご好意により2回目のワークショップを開かせていただけることになりました。
下記、ご参照ください。

内田かつのり-身体で感じる解剖学ヨガWS-2010/01/23(土)

日時: 2010/01/23(土) 
     1) 14:10-16:10 エーカパーダ・ラージャカポタ・アーサナ(鳩のポーズ)
     2) 18:00-20:00 ウティタハスタバーダングシュタアーサナ(立位の片足バランス)
場所: ヨガスタジオTAMISA 三条寺町スタジオ
講師: 内田かつのり(鍼灸師)
定員: 30名前後
費用: 各3,500円、両部申し込みの場合は6,000円

今回は”健康”というテーマをベースにしながら、テーマはインナーマッスル。
インナーマッスルとは、その名の通り体幹の奥にある筋肉で、その中でも腸腰筋という非常に大きな筋肉が、
身体の中心に存在します。この筋肉の柔軟性や筋力は、ヨガのすべてのアーサナにおいての生命線です。
奥深い場所にあるために、直に触れる事はまず、不可能に近いのですが、身体で感じる事はいくらでも可能
ですので、今回のWS参加の皆さんの快適なアライメントに近づくキッカケにしてください。
今回もポーズを通じて体の仕組みや、体内に無数にある経絡にも触れながら・・・
充実した内容構成のワークショップを予定しています。(プリント配布:筆記用具持参)

普段ヨガの指導をされていてもう一歩指導レベルを引き上げたい方や、まだ始めたばかりで・・・という方まで、
“健康”を愛するすべての方を対象としています。
<1部>エーカパーダ・ラージャカポタ・アーサナ(鳩のポーズ)

後屈を恐れすぎてはいませんか?

人は何故ぎっくり腰になり易いのでしょうか?反対に、ぎっくり腹という言葉は存在しません。
後屈しすぎても、前屈しすぎても、ぎっくり腰にはなる事があっても、ぎっくり腹になる方は、いないはずです。
それには、幾つもの理由があり、身体の構造がそうさせているのです。
背中には眼という感覚器が存在しないために、人は、むやみに後ろに倒れないようになっています。
そのために、股関節には、強度の靭帯が、そして、腸腰筋が、身体の安定を与えてくれているのです。
1部では、鳩のポーズへの過程を通して、腸腰筋を合理的に、かつ効果的にストレッチしていきます。
そして、やみくもに反るのではなく、解剖学的な知識を基に、美しいハーフピジョンを目指します。
後半では、ツボ圧しや、リラクゼーションマッサージを行いながら、腰の疲れを取り除いていきましょう。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - -

<2部>ウティタハスタバーダングシュタアーサナ(立位の片足バランス)

貴方の体内年齢は?

アンチエイジングという言葉が流行っていますが、ここでは、高級なサプリメントに頼るのではなく、
自重という名のエネルギーを活かして、軽やかな身体を作り上げていきましょう。

“よっこらしょ”という掛け声で、体重に支配される日常でなく、筋力に導かれるように、すらりとあがる足を
腸腰筋の力で引き上げて、同時に股関節周りの筋肉の可能性を広げます。
仰向け開脚のポーズでは、足は上がるのに立位のバランスになると、足が全然上がらないという事はありませんか?
これはいったいどういう事なのでしょうか?

腸腰筋をしっかりと強化することで、アーサナの仕組み=体の仕組みを理解しませんか?
そして1部同様、ペアワークでストレッチしたりしながら、経絡の知識を深め身体の疲れも解していきます。


カテゴリ: ワークショップ

tb: 0   cm: 4

« ありがとうございました  |  ステロイドの存在意義 »

この記事に対するコメント

ありがとうございました

こんにちはヤマサキです。

今回のWSは楽しく参加させていただきました。

リラヨガでの解剖学とは別のアプローチで面白かったです。

2時間があっと言う間に過ぎてしまうのが不思議な感じでした。

4月のWSも楽しみにしています。

ヒロシ #- | URL
2010/01/26 12:36 * 編集 *

Re: こちらこそ

> やまさきさん
>
> インド帰りで、久しぶりの再会、有難うございました。
>
> やまさきさんも感じて頂いたかと思いますが、リラヨガでの雰囲気とは、また違う、関西、京都風味なニュアンスありますね~それが好きで、癖になりそうです。
>
> タミサというスタジオの気や、英さんの生徒さんという、英さんイズムが浸透していて、とてもやりやすい環境でした。
>
> 2月には、リラヨガで再会しましょう!楽しみにしています。

kure #- | URL
2010/01/28 01:09 * 編集 *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 # | 
2010/02/01 00:20 * 編集 *

Re: No title

芽里可さん

コメント有難うございます。

個人情報が入っていましたりで、非公開にさせて頂きました。

Eiさんのパワーと母性には、皆が助けられていますね。

また、お会い出来たら嬉しいです。

kure #- | URL
2010/02/01 00:32 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/1-c3c107da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。