10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

彼との事② 

当時、ヨガをする男性は非常に稀で、ましてや、平日の日中等、

クラスには、一人もいないような状態が普通であり、せいぜい二人がいいとこであった。

彼に話しかけられたのは、更衣室でのたわいもない会話が最初であった。



日本人特有の、密室での沈黙は、更衣室に限らず、エレベーターでもよくある光景だ。

ただでさえ、塞ぎこみ、閉じている時期に、

ましてや、ヨガ哲学などをやりたくて、ヨガをしている訳ではない僕に、社交性などあるはずがなく、

どちらかというと、話しかけないでくれオーラを出していたはずだ。

普通ならば、そこに踏み込みはしないのだが、彼は違っていた。

気にしないのか、気づかないのかは、わからないが、踏み込んでくる。

…今、思えば、それこそが、彼の才能だ。

図々しい人は、嫌いなのだか、彼の言葉には嫌味がなかった。


むしろ、謙虚さこそ感じる好青年である。

今どき、こんな人いるんだ…

というような、素直さと、まっすぐさが、キャラを作っているようにはとても思えない。

かなりの人見知りの僕だが、違和感なく話せたのは、まさしく、彼のおかげである。

続く

カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

« 彼との事③  |  彼との事① »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/11-58c2501c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。