10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

原因は色々~ 

身体の不調ほど、辛いものはありませんね。

僕自身が、身をもって体験しているもので、嫌という程わかります。

察する事が出来る能力が、必然的に身につきました。

いつだって、患者さんは原因を突き止めたい。

当たり前の感情ですが、そこで、少しの冷静さを持って頂きたいのです。


もしも、病気の原因が、簡単にわかるものならば、大学病院はこんなにも混雑はしないはずです。

頭痛外来・めまい外来と専門の外来が、いくつもあるのですが、

極端な事を言えば、同時に3つのめまい外来を受診しても、

診断名は、全て違う事があります。

万能の思われる西洋医学でさえも、いくつもの仮説の基に治療をしているのが現状です。


たとえば、頭痛にしても、腫瘍・疲労・生理痛・貧血・筋肉性・血管や神経・風邪からのもの…

挙げていったら、きりがないのです。

更に、筋肉性の頭痛にしても、僕が実践している、トリガーポイントという鍼の流派では、

幾つもの運動検査の基に、細かい筋肉を探し出します。

そして、痛みを含めた不調がサインとして、身体に警鐘を鳴らす時は、

一つでなく、幾つもの原因が重なっている事が多く、

断定するには、砂漠で指輪を探すようなものです。


ヨガのアーサナに関しても、良く聞かれる事ですが、何故このアーサナが出来ないのか?

骨格の問題、筋肉、靭帯、そして練習不足と、

これも、挙げて言云ったらきりがないものです。


時計の部品のように、一つが一つの役目であれば、絞り込みも可能ではありますが、

人間には、代償作用というものがあります。

この代償があるからこそ、多少の無理がきいたり、極限まで我慢出来たりするのです。


どんなに、医学が発達しても、人間全てを解明出来る事はないと思っています。

見つからない原因を探し、溜息をつくよりも、

呼吸をし、息をしている事が粋であるのだと、ただだた生きてる事の素晴らしさに胸を張ってみませんか~


カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

« 解剖学勉強会・解剖学的アジャスト① ~ダウンドッグ&アップドッグ~ のお知らせ  |  ありがとうございました »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/19-b43a3025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。