10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

アジャスト研究会 

1月30日(土)アジャスト研究会をさせて頂きました。

解剖学的な身体の使い方を、どのように実践したら良いのか?

ダウンドッグ・コブラの二つをテーマに、皆でシェアしてみました。

実践しているヨガのスタイルや、教えている年齢層がバラバラでもあったりしますが、

大切な事は、そのアーサナが何を目的としているのか?という事かと思います。

P1000425.jpg
絵心がなくて申し訳ありません…


当日、多かった声が、

初心者の方でのダウンドック゛では、身体が後ろに引けない、

本来、三角のような形が四角になっている、

手のひらのつき方が不安定である、

P1000427.jpg
ヒラメ筋とひ腹筋の違いを確認


など、最初に問題点のシェアをお願いしましたが、人の数だけ悩みがあるという感じでした。

全てにおいて、明確にお答え出来たかはわかりませんが、

その後、メールでこのようなやりとりをさせて頂きました。


40~50代の方たちのクラスは、
何度も屈伸状態でのダウンDを行ったんです。
そしたら、
もうどんどん上体が伸びて綺麗になってって、
みなさんまだ経験も初回から数回レベルですが、
あんなに一度にみるみる変わるのを目にしたのは初で
私まで感激してしまいました!




アーサナの目的を意識しています

先日は、解剖の勉強会ありがとうございました
すごーくお勉強になりました。
早速、朝練のアップドッグの際第2頸椎と大転子意識してます
ダウンドッグもひふくとひらめの伸びと腰から四方分散を意識してます
背面が変革しそうで楽しんで練習しています


お忙しい中有難うございました

カテゴリ: 未分類

tb: 0   cm: 0

« 春に向かって~ トッシー&ウッチー  |  解剖学勉強会 解剖学的アジャスト② ~トリコーナアサナ~のお知らせ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/21-d3ee2892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。