10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

2010/4 TAMISAワークショップ 第一部バシスタアーサナ 

何だかんだと、1ヵ月が経ってしまいましたが、4月10日土曜日に京都tamisaスタジオにて、

身体で感じる解剖学ヨガ〜外転筋にフォーカス バシスタアーサナをターゲットにしたWSを行ってきました。

お花見のピークという事もあり、京都駅を降りた時から、通常よりも更に観光の方で賑わっていました。

そして、アシスタントには亜矢子さんが入ってくれました。

彼女は、この5月にリラヨガにて、全米アライアンス200のトレーニングを修了したのですが、

実は他のスタジオにて、既にこのトレーニングを修了していて、

二度目のアライアンス取得という、かなりコアなヨギーニでもあり、

解剖学に対しても、熱心すぎる程のモチベーションを持っていてくれるアナトミーマニアでもあります
(まぁ、かなりの漢字間違えをしていたようですが、そんな恥こそが、成長には一番大切な事なのです。人前でかいた恥は、深く脳裏に刻まれます、すると、そんな恥ずかしい想いと、勘違いがリンクして脳に、五感に刻まれますから、短期記憶から長期記憶に移り変わってゆくのです)。

いつもは、駅地下のスタバで一息するのですが、そんな事情もあり、

tamisaスタジオに直行し綿密な打ち合わせをしたのでした。

そして、tamisaスタジオは、二階の改装が終えたばかりで、更にカフェスペースもあるという、

きめ細かい心遣い日本一でないのか?と思わせるほっこり具合にビックリでした。

あるようで無いカフェ併設スタジオ。素敵です。

WSでは、何度か来て下さっている方や、今回初めての方も含め、程良い緊張とリラックスの中で、

僕個人としては、今までで、一番良い段取りで進められたのですが、如何でしたでしょうか?

いつも時間が一杯なので、全員の方とお話する時間がないのですが、

いつか、終了後に皆でゆっくりヨガや解剖の話をしてみたいというのが、僕のささやかな夢です。

というのも、英さんからは、京都のヨギーニはとにかく勉強熱心なのです〜という事を

いつも聞かされています。去年最初にやらせて頂いた時から、納得という感じでしたので、

そんな皆さんと、もっとゆっくりお話してみたいのです。

さて、バシスタアーサナですが、このアーサナは外転筋での支えと、内転筋の柔軟さがポイントになります。

ベルトや補助を入れてでも、バシスタの醍醐味である手で足を掴むという所を、
その軌道を身体で覚えてもらうという事が狙いだったのですが、

そのような感覚を掴んでいただければ僕は満足なのですが、その後は如何でしょうか?


以下は、皆さんの奮闘写真です。

新規詰め込み画像
新規詰め込み画像1
新規詰め込み画像3

そして最後は集合写真!
みなさん、よい笑顔です~
P1010335.jpg

カテゴリ: ワークショップ

tb: 0   cm: 0

« 2010/4 TAMISAワークショップ 第二部ウパビシュタコーナアーサナ  |  リラヨガ 解剖学マスター 応用編~ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/66-1005cf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。