10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

4月29日木曜日 腰痛 勉強会 後記 

4月29日木曜日 腰痛の勉強会の後記です。

P1010776.jpg


ヨガと腰痛は切り離せない位置関係になっていますね。

残念ながら、イントラの方でも腰痛持ちの方は沢山いらっしゃいますし、

嬉しい事にヨガで良くなったという方もいらっしゃいます。

しかし、良く聞かれる質問に、

えっ~っとさえ思う事が多々あります。

残念ながら、ヨガというジャンルには、まだまだ西洋・東洋医学が入り込む隙間はないようで、

イントラの方、生徒さん含めて、正しい知識を持つ場がないのが現状に思えます。

新規詰め込み画像腰1


勿論、私は、ヨガというジャンルだけで治すんだとか、アーユルベーダのみで治すのだという

ジャンルを背負うような生き方もあるでしょうし、一切の否定はしません。

ただ、僕のスタンスとしては、治るならば何でも良いじゃないの~

っていう考えなのです。

その為には、やはり、解剖も、臨床医学も、東洋医学も知っておいて損はない。

という事です。


新規詰め込み画像腰2


今回は、整形外科的な分類をしてから、それぞれの腰痛の特徴をシェアさせて頂きました。

本当は、そこから、僕の流派のトリガーポイント療法の話まで、いつかいけると良いのですが、

まずは、スタンダードな基本から、そして、東洋医学的には、腰痛をどのように捉えるのか?

…これは、資料を作っていて、ちょっと難しい話になりすぎて、途中で方向転換し、資料再作成になりました。

そのために、表面的な分類のみに終わってしまい、あまり楽しくなかったですね~(反省しています)

実は、ヨガ解剖学を初めてから、ずっとこのような医療との密着を一番にやりたかったのですが、

中々、そんな機会がなく、少しずつ熟成した場になってきた、この解剖学の場を発展させてみました。

今後も、肩コリ・頭痛等の疾患らに絡めたり、健康増進等もテーマにして、

イントラさん以外でも参加可能な場にして行きたいと思っています。


カテゴリ: 勉強会

tb: 0   cm: 0

« 身体で感じる解剖学&アヌサラインスパイアド・ヨガ ws  |  4月17日 土曜日 骨盤の骨とツボ 後記 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/69-89accd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。