10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

リラヨガ 解剖学マスター 応用編 などなど~ 

今日、金曜日、三か月に渡って続いたリラヨガ解剖学マスターが終わります。

寂しいですが、三か月サイクルのこの講義、

長いようで、始まってしまうと、あっという間に終わりを迎えてしまいます。

既に何クールかしていますが、そして、テーマこそ同じですが、

毎回、毎回、僕なりにアプローチを変えながら取り組んでいます。

今期の皆さんは、とにかく関節の運動を良く理解してくれているような感じがします。

今回の、和気あいあいとした空気は、皆の穏やかさの表れだと思っています。

とても、やりやすい空気をいつも作ってくれた皆に感謝しています。

そして、毎回、骨模型やマットを片づけてくれたりとしてくれてる素敵なヨギーニ。

言葉に出来ない位嬉しいです。ありがとう。


ちゃんと、そして、きっちりと、そんな優しさは届いているからね~


中々、照れくさくて言えない事が多いけれど、有難うごさいます。

いつも、きっちり僕の中に響いています。

耳に優しい言葉は、世の中に溢れているけれど、

胸にぐさりと届く優しさは中々味わえないから、

本当に嬉しいのです。



……少しずつですが、

ヨガというジャンルのほんのほんの、一部であった解剖学が、

一つのジャンルとしての“ヨガ解剖学”という位置を確立していっているのかなぁ~と。

僕の勝手な思い込みかもしれませんが、最近感じています。

それは、本当に、嬉しい事でもあり、

そこから、代替医療としてのヨガ、代替医療としの鍼灸。

それらがクロスしていけば、何年か先は、そこに関わる皆さんに、

本当の意味で心と身体の健康が待っているのかと思います。


そんなヨガ解剖学に対して、いち早く理解を示してくれた、真先生。

改めて感謝・感謝という感じです。

勿論、リラヨガ以外にも、このジャンルを応援してくれいてる皆がいるからこそ

ようやくここまでたどり着きました。

六月からも、また、最初の骨編に戻り、応用編まで続いていきます。

そして、六月は、更に、ホームページで更新していますが、

短期集中講義という形で、通常の解剖学マスターにアレンジをかけた構成でおこないます。

今回は、1日・1日ごとに完結という形で、

六時間の中で、一気に、肩の骨・筋肉・応用という流れに持っていきます。

どうしても、不慣れな言葉になれる前に、次の言葉が飛び込んできてしまうのが現実ですよね~

その難題を解消するために、6月13日の日曜日に、簡単な基礎を行います。

関節について脳にインプットしてから、一気に進めていきましょう。

ターゲットアーサナ以外にも、複数アーサナを扱う予定ですので、お時間許すようならば是非ご参加して下さい~



内田かつのり












カテゴリ: ヨガ

tb: 0   cm: 0

« 喘息  |  身体で感じる解剖学&アヌサラインスパイアド~感想Ⅰ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yogahari.blog117.fc2.com/tb.php/73-af2cf5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。